放走MANブログ

ランニングを通じて日々のあれこれ綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じ業界で知り合って、かれこれ出会って15年位になる友人が
GW前、急に倒れて緊急入院した。

同じ年ということもあって、仕事も遊びでも公私共にお世話になってきた。
超真っ直ぐな性格で、真似出来ないひたむきさと情熱を持ち合わせ、
羨ましくもあった。

倒れた3日前にランチをした時はイキイキと新しい職場の話をしてくれていたので
信じられなかった。

見舞いに行ける程回復したというので、ランチが最後とならずに済んだことでホッとした。

前日に向島の和菓子屋さんでフリーズドライの野菜菓子を購入、
知人のスタジオ経営者I氏とともに駅で待ち合わせ、入院先の病院にバスで向かう。
最近バスに乗ることが無かったので、SUICAが使えてビックリ。

改装したという公立病院は近代的で広い。まるでオフィスの様。
ナースステーションで病室を聞き、部屋へ。

丁度回診時間で、担当医師が処置をしており、恐る恐る入ると

「ちょっと待ってて~」

と元気な声。
廊下で待っていると、リハビリのため補助器具を抱えて出てきた。

「お前ら50代になったら無様な姿見てやるからな」

イキナリ悪態をついてきた。いつもの調子でホッと一安心。

リハビリ後、病室で話し込む。
ともかく、急死に一生を得たらしいが、回復の早さに驚いた。
まだまだくたばってもらったら困るとハッパをかけて病室を後にする。



まだまだくたばれない。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pohchan2008.blog40.fc2.com/tb.php/12-4ece7a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。