放走MANブログ

ランニングを通じて日々のあれこれ綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲキジョウ仕事がようやくヒト段落。

この時期終わる番組始まる番組が交差する。
4/1が水曜日なので、31まで旧体制でやる番組もあれば、
キリの良い30からスタートするものもある。
編成の考え方次第。

花見がてらRUNに出るとO公園は午前中にも関わらずブルーシートがぎっしり。
威勢のいい893連中が朝から出来上がっていた脇でストレッチ。
トイレが近そうだ。

今日スタートのFU9を聴きながら走るが、
スタッフも進行で、DJも自分のことでイッパイ×2なのが伝わってきて
走るのに集中できない。
リスナーの顔が見えてくるまでまだまだ時間がかかりそうな感じだ。
長尺の番組を変えるのは勇気がいる。



3キロ過ぎで右コカンセツにイワ感が出たので8キロで終了。
その後、春休みを謳歌中のチビ共を引き連れてツリボリへ。
チビ鯉、チビへらが結構釣れてマンゾク。
最後に金魚を釣り上げ(針が外れたがコドモなのでおまけ)1ポイントGET。

その後公園にイドウ。
サッカー&フリスビー&化石ハックツ(?)作業。
果たして結果は?!



090330_1419~02
スポンサーサイト
忙しいのにかまけて、すっかり世話を忘れていた我が家の昆虫連中。
コクワたちは1匹脱落していたが、ほかの皆さんは無事越冬。
ゲンキな姿を見せてくれた。
一方カブトの幼虫は、育っているかと思いきやゼンメツ。
物置だったので、温度か、乾燥のせいか・・・ザンネン。


本日はWBCでの勝利を見届けた後、強風の中、いつものコースを10キロRUN。
昨日、日比谷交差点付近で東京マラソンのゲンバを見たせいもあり、気合十分。
来年こそは、なんとしてでも出たい。あのコース、一生に一度は走ってみたい。
ただ昨日のコンディションは厳しかった~。
高校の同級生Tが10キロで出場、無事ゴールと一報が入った。
スタートで30分位かかるというだけに、ゲンバはどうだったか是非カンソウを聞いてみたい。


緩やかにマネージメントしているチームねこかん
彼らが作曲、プロデュースした「ブービー鍛治のテーマソング」が密かに盛り上がっている。



休み。
休む感覚を忘れる位休んでなかった。
マヒしてる。


いつも通りの時間に起きて、10キロRUNへ。
7日のハーフ以来なのでキロ6分で軽めの調整。
2週間ぶりに地元を走ると、梅が散り、木蓮、早咲きの桜が咲いていた。

そういえば知り合いの応援に来ていたstepの編集長のブログ
自分のコメントしてくれてましたが、さすが構成作家!文章が粋。
「走ってれば、いつか会えるもんですね・・・」

そして鴻巣の街、隠れた名所(?)が沢山あることに気づく。
いつも思うのだが、レースに出かけてもその土地にナニがあるかも知らずに
ただ走って帰ってくる、というのはいかがなものか?



アラカンの構成作家M氏が荒川マラソン完走との一報が入った。
走り始めて1年4ヶ月、まさか自分より先にフル完走するとは・・・
恐れ入りました。

今度詳しくカンソウ聞かせて下さい。



更新でもないのに鴻巣の免許センターへ。
昨年に続き、鴻巣パンジーマラソンに出場してきた。

朝6時に起床、風強し。
田園地帯を走るので、向かい風はやばいだろうな~。
今日はトレーニングのつもりで出ようと心に決めて出発。
練習も先週の木曜からなので、
まあキロ5分半で1時間50分以内だったら御の字。

1時間半前に現地到着し、エントリーを済ませ準備にかかる。
レース前はやることも多いのでやけに時間が過ぎるのが早い。
気がつくとスタートまで30分、急いでアップする。
去年は確か松野明美がスペシャルゲストだった気がしたが、
今回は不景気のせいか、ゲストは無し。

目標タイム1時間50分の列に並んでスタート。
寒かったのでコマめにトイレに行っていたのだが、
2キロ地点でよもやのセイリ現象に耐え切れずに駆け込む。

恐らくキロ5分15位のペースだがイイ感じ。
5キロの通過が48分半、予想よりちょっと速い。
もしかしたら1時間40分台余裕かも。

道を曲がる度に風向きが変わるのでペースが掴みにくい。
アゲインストの場合はいつものピタッとコバンザメ走行。
フォロー場合は行ける所までピッチを上げる。

その都度ペースメーカーを見つけては凌いでいく。

トレーニングしていないワリには、息も上がらず脚に痛みが出ない。
10キロ通過。
ちょっとペースが上がり恐らくキロ5分位。

BGMはタスクさん。
ゆるトークに聴き入っていると時間が過ぎるのが速い。

そうこうしているうちに残り5キロの表示。
1キロに渡る向かい風の直線を左折したあとからは
風に後押しされてキロ4分台にピッチを上げてみる。
前半抑え気味だったので快調に追い越していく。
後半バテて行く人々をパスしていくキモチイイ瞬間だ。

残り2キロでどこかで見覚えのあるヒトが沿道で声援を送っている。
近づいてみると、構成作家でランニングフリーペーパー「step」の編集長。
「オオオ~!」
向こうも気づいて声援を受けて更にペースアップ。
あとは風に身を任せて競技場まで一気に駆け抜けた。

トイレ休憩を差し引けばなんとか1時間30分台。
会社のキャラクターグッズの宣伝も任務完了。
納得のレースだった。



終わってからはクシャミ連発。
今シーズンのレースはこれにて打ち止め。

090307_1124~01
気温が上がりきらないにちようびだが、
重い腰をあげて、RUNに出る。
午前中走っておかないと益々面倒くさくなるので・・・
今日はキロ5分半、途中から5分に上げて10キロ。
ようやくスピード感に慣れてフォームもまとまってきた。
明日も早く起きて頑張れるか。
あと、若干体重も落とさないと。
夜遅いドカ食いを避けよう。



090301_1418~01


午後はチャリでチビと近所の公園へ。
幼稚園時代のトモダチと会い、化石発掘?していた。

その間、サンソンを聴きながら日向ぼっこ。
昨日ライブを観ているだけに、いつもに比べてなんとも贅沢な時間だった。

しかしネンパイの男性の黄色い声が飛び交うライブも珍しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。