放走MANブログ

ランニングを通じて日々のあれこれ綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネクイチ終わりで、えどはるみが24時間走る最中、北海道マラソンの最中、
NRCメンバーで皇居を3週15キロをジョグ。

11月にエントリーするレースも決まったので士気も高まる。

キョリを走るのが大事な時期だけにいいトレーニング。


北海道マラソン女子で優勝したのは小出監督の門下生19歳。Qチャンを彷彿させる。
将来語り継がれる映像かもしれない。

小出マジック。


080831_1333~01

この後ろは24時間TVの会場、武道館に向かう人々の行列。







そして連日出向いたのが、車で20分ほどにある24時間営業の釣り堀。

080831_1600~01

ウチのチビ太公望はヒキ強。

昨日は60センチオーバーの巨鯉を3度もカケるがいずれも針切れで逃す。
今日も食いが悪い中、チビ鯉を5匹ゲット。自分はボウズ。


将来が楽しみでR


その後、連荘で天然温泉。
強力ジェット泡で脚のマッサージ。



コレがイガイにも効果大。

スポンサーサイト
朝イチ雨で、こりゃ走るのはムリかと思っていたら
朝食の最中上がったので出ることに。

フダンは寝起き、ドリンク飲んだだけで走るのだが
今日はガソリン満タン状態。

なんでもアサ食べずに走り出すのは、
カラダ的にはフルで30キロ走った状況と一緒とのこと。
キガ状態。

満タンだとカラダは重いが走りは順調。
ただし川沿いを走るのだが、ゲリラ豪雨のおかげで
水溜りのオンパレードで3000M障害状態。

10キロを過ぎた頃からヨコッ腹が痛くなるが、
ダマシダマシ15キロ完走。
レースの時は朝食べてから走るのでシュミレーションとしてはヨカッタ。





いつもの貯水池が

080506_1040~03







連日の豪雨で

080830_1209~01
ヘラがケッコウあがっていた。







おかげで

080830_1235~01
ギンヤンマGET!










地元の宴会施設でお得意様限定のバイキングに家族で参加してきた。
北海道フェア。


瓶のサッポロクラシックというのがシブい。

バイキングは思ったより食べられないもの。

MCがいてイベントっぽさを演出しているのだが、
いかんせん芸がなく、微妙な空気が流れている。


シメはビンゴ。
これまた賞品が微妙で・・・

”当たらなくてヨカッタ”
敗者の弁。


080829_1849~01
このところの不安定な天気のため、ランニングに出るタイミングが難しい。

大体アサ6時~7時スタートなので、半起き状態で窓の外を見て判断する。
コレが一歩間違えるとタイヘン。

おとといも出る時は上がっていたのに
ウォーキング~ストレッチしてる最中にポツン。
まあいっか~と思ってスタートしたら、ボツン、ザ~。

夏場ならアツいのでシャワー感覚でイイのだが、
この時期アサはそこそこ涼しいので
走ってる最中に濡れて寒くなる。


コレでカゼ気味に。



今朝は読みが当たって降られずに済んだ。
ただ、ジャリ道の水溜りがヤッカイ。

N5スタジアム横を通ると
マリノス&アルディサポがすでに並。





080828_2156~01
先日ゲストに来て頂いた、五木さんの”五木そば
CDにサインも頂きまして有り難うございました。











ヒトアメ毎に涼しくなり、アリ・蚊のアタックも少なくなってきたので、
カブクワの世話も楽になった。

今年は例年になく大量だったので世話もタイヘンだったが、
ここにきて涼しくなりお亡くなりになる比率も減ってきた。

すると今朝、カブトのケースから1ミリ位の小さな白いタマをハッケン。
恐らく卵だろう。




そんな時期になった。

夏場頑張ったおかげか、先週15K走でイガイと脚が出来ているのを実感。
翌日の筋肉痛も思ったほどない。
秋冬のレースに向けて順調なし上がり。




080824_1200~01

日曜は五輪男子マラソンを見た後、
2家族で天王洲にあるN社のエンプロイヤーストアへ。

しかしアフリカ勢のエンジンの差には歯が立たない。

日本国籍にしてもらえないものか・・・
そうすればアマチュアのレースにもゲストで出てもらえるし。
一度はメダリストと一緒に走ってみたいものだ。


ランニングウェア&ソックスを購入。
メッケもんだったのは、LRが指示されているソックス。





080825_1234~02
バスケ用。厚手



080825_1234~01
ラン用。



購入後、なぜか義弟が行方不明に・・・
ほどなくハッケン。



夜はノドが乾くのを分かっていながら、
横浜名物ニンニクたっぷりタンタン麺でスタミナUP。



今週はアメで走れないのでストレスもUP。
ストレッチ&筋トレでもしますか。
なんでも筋トレする人はシゴトもデキるらしい・・・


プリズンブレイクⅢVOL6、7レンタルスタートになっていた。
観ないと。


宅配DVD検討中。
森絵都さん作「ラン」を読んだ。
夏場はどうしても走るのにモチベーションが落ちるが、
この本のおかげでトレーニングにも身が入ったのは確か。
孤独、家族、ファンタジー、走る、仲間、目標、皇居、駒沢公園、LSD・・・
ランニングにちなんだ色んなキーワードが出てくるのもうれしい。
そしてレースの前の緊張感、アレは病みつきになる。
昨年に続き11月のさいたまシティハーフにエントリーしようか。





080821_1000~01

エムエックステレビのロケで上野公園に。
午後からアメが心配だったが無用。今シーズンラストの炎天下。
ハスが咲き乱れる様は圧巻。皆携帯でカシャ。







080821_1135~01

五輪開催国からパフォーマーが・・・
金メダル級のポージング。








080821_1333~01

終了後、まだ陽が高いのにウエノで生ビール。まいう~。





平日のギンザ線、表参道から高田文夫師匠が乗り込んできた。
キイロのアロハにマッカなスニーカー、そして超ナデ肩。一目で分かった。
今にもあの口調でしゃべり出しそうな佇まい。
いつも日刊スポーツ月曜コラム拝読しております。



好きな番組のヒトツ、ぶらり途中下車・・・
ニューシャトル特集で地元の和食屋が紹介されていたので驚。

五輪女子マラソンの影響をモロ受けてアサからランニング。

土佐選手がガンバッたのキョリは走りたいと思い、
いつもの折り返し地点より先の駅を目指すことに。

フダン車で走っているトコロなのだが走るとなると別。
車道を避けて田園地帯・・・川沿い・・・見慣れぬ土地を恐る恐る走る。

H駅を折り返す時点で10キロを超えている。
果たして走り抜けるのか?!

お盆で訪れた親戚の家の横をすり抜け、いつものランニングコースに戻る。
残り5キロだ。

息は乱れてないのだが、脚がついてこない。
下半身だけがイジョウに重たい。

残り2キロ、ついに脚が止まってしまった。無念。
まだ脚がデキていなかった。

土佐選手の頑張りにアタマが下がる。

しかしヌデレバはスゴイ。
集団の後ろに付いていたから、競技場に入る直前まで
自分が先頭だと思っていたそうだ。
1位の選手がスパートしたのを知らなかった。
コーチはいないのか?誰か教えてあげろよっ。
ゴール手前のスパート、スゴスギる。

2大会連続銀という結果。もう少し取り上げられてもいいと思う。



ランニング後、2ヶ月ぶりに洗車。
チビたちのヘルプもあってピカピカ。

炎天下にいたのでちょっと熱射病気味なのでR。

080818_1753~01
日課になっている皇居日曜ラン。
ネクイチ終わりで1,2周するわけだが、
なぜか、走った後は古傷のヒザが痛むことがシバシバ。
先日は半蔵門のエイドステーションで折り返し、
逆周りで2周目に突入すると、2キロ付近でヒザにイワ感。
フッと軽くなった後にいつも来るので、早々に引き上げる。
その後ジワジワと痛み出したので急いでアイシング。
コレをやると2,3日は走れない。

その原因を探るべく増本整形へ。
担当のPTに症状を伝えるとすぐにインソール調整。
何度か廊下を歩ったり、小走りしたり・・・

着地の状態も悪くなく、どうやらインソールは問題ナイ。

次に足の筋肉を調べる。

これも問題ナイ。

「もしかして、皇居周辺の道って傾斜ありませんか?」

着地した時に傾斜の影響でヒザの外側に負担がかかり
炎症を起こしているのではないか?ということ。

なるほど。

ということで、皇居を走るときはジョグ程度にして
激しいトレーニングは控えることにした。


ランニング、やればやるほど、予想ガイに奥が深い。

そして五輪マラソンも予想ガイの結果。






080816_1059~01
今夏はチビたちとプールに昆虫採集・・・
30年前の夏が繰り返している。


この日2時くらいから急に風が強くなってきたので、
ヤバいと思い引き上げると、帰宅と同時にカミナリ&アメ。

昆虫ケースをヒナンさせようと思ったらアリの総攻撃を受けている。
以前から悩みの種のアリのアタック。
ガーゼをケースとフタの間に入れるも、ホンの少しのアナを見つけて入り込んでくる。

予想ガイにヤツラはテゴワい。


その後カミナリのアタックで”バリバリ、バチっ”
と言う音を残して停電。

すぐにフッキするもいくつかの電気機器がコショウ。


おボンでメーカーは休み。
週明け修理なのでR。



2週間で3度目となるチバのポイントにGO。
無風&気温高&湿度高でキタイ大。

夕暮れを待って、Sクリニック側のポイントにイドウ。

チビたちは目がE。
さっそく、カブト♂、ノコギリ♂ゲット。

今日はノコが多い、それもLサイズ。
カブトが少ない。時期的なものか?先に入っていたヒトがいたのか?・・・


おボンでヒト気もないので森は言われてみれば確かにコワイっちゃ、コワイ。


にわかアメ&遠くで空がピカったので30分で試合終了。
自己ベスト更新ならず。

080814_2024~01


本日のスカウト結果。
カブト1ペア、ノコギリ♂3♀2、コクワ多数。
義弟にカブト&ノコのペアを無償トレード。
080730_1157~02



そんな訳でバリでは、

プール⇔海

な日々を送っていたが、ラス前はどこか遠出をしようということになり
エレファントサファリへ。(乗象)

ヌサドゥアから車で走ること1時間半。
田園風景を抜けるとそこは鬱蒼とした森林地帯。

まさかこんな場所に・・・
という所に象がウジャウジャいるゾウ。

それも観光客でケッコウ賑わっているゾウ。





080730_1447~03





順番待ちをしている間にランチをとり、昆虫観察。
見たこともナイきれいな蝶や30センチ近いトカゲをハッケン。
トコロ変わればムシも変わる。そういえばハトはサイズが小さめ。

名前を呼ばれ、乗象場で階段を上がると、
タクシー乗り場の如く、横付けしているゾウがいる。
セナカに括り付けられている木製のイスによっこいしょ。


地上からの高さはウマ以上。


そして一歩一歩が大幅なので揺れが激しい。
ビンタンを大瓶にしたのを後悔。


生理現象のため、チョイチョイとまる。
シャ~~~~・・・ボトン。


何もかもがビッグサイズ!







080730_2112~01





帰りの車中で持っていった携帯ラジオでバリのFM局をチェック。
セカイ中どこに行っても使えるので便利この上ない。


ソノ中でアッパーな選曲とテンポいい男女のクロストークの番組ハッケン!
(恐らくフェニックス・ラジオ910)

新旧問わずラジオ映えする選曲に思わず聞き入る。

翌朝のランニングに聞くと、モーニングショーでもトークはアゲアゲ&選曲もイイ。



以前ハワイに行った時もそうなのだが、基本的にランニングする時は携帯ラジオ。
レゲエやローカルソング中心の選曲だと走る時に困る。
なのでロック、ポップス・・・ポップな選曲のステーションをセレクトする。


どこまで続くかランニングライフ。

東京マラソン2009にエントリー。
なんでも受付3日ですでに3万以上のオウボがあったとか・・・

あんまりキタイしないで待つことにしよう。




080730_1157~01
オリンピックを観戦しながら、チバの極秘ポイントに採集しに行ってきた。
主にノコ中心。(先週の奴らがアツさでヤラれてしまったので)


義弟から事前に地図をもらっていたので
Sクリニックを目安に行くと、容易に到着。

19時で辺りは真っ暗。風は秋色。
ちょっと涼しかったのでどうかと思ってさっそく入ってみると・・・


頭上でバタバタとなにやら飛行音。

いるいる。

樹液ポイントにはさっそく、コクワ♂、ノコ♂、カブ♂♀・・・
今日はカブトが多い。

ズンズン進んで順調に採集。


カブト♂がとにかくよく飛んでる。


サッカー&柔道の結果が気になるので15分位で切り上げた。




080810_2027~01

カブト♂7♀3 ノコギリ♂2♀1、コクワ♂2。


ここのポイントは金メダル級。
長い1週間がよ~やく終わった。
夏休み終わりの職場フッキはキツイものがある。
ただ伸びた胃が元に戻ったのはウレシイ。
それで走ってるモンだから体重が落ちる落ちる。
パンツがユルユル。


さらに色んな気を使わなくちゃイケナイことが多かったのでヨケイ。
ヤク年にもかかわらず大きなケツダンのとき。




080805_1707~01
ハチワンの影響か、異様な盛り上がりを見せていた。
そしてなんだか良く分からないニオイが充満していた。
漢方を処方してもらうため、月イチで訪れる東急東横店、渋いイベントが多い。
特設会場担当者、時代を読むセンスの持ち主なのか?単に毎年恒例なのか?




伝説の?ラジオ番組「広末涼子のがんばらナイト!」
出演者を除いてスタッフが10年ぶりに集合。
ハワイが取り持つ縁で盛り上がった。ジュウジュウ。






ランニングのフリーぺーパーの編集長と元TFM、現在J波のアナと
ランニング談義。
編集長は沢登りで生死を彷徨ったばかりで、壮絶な体験談を聞いた。
Jアナは東京マラソン3h19、そのダンナはサブ3。
負けていられない。








080806_0924~01
舎人ライナー初乗車。
大宮のニューシャトルみたいな感じ。
エムエックステレビのロケで舎人公園下車。









080806_1132~02
広すぎる!








080806_1207~01

無風状態だったのでヒカゲにもかかわらずサウナ状態。修行。
ゲストに来て頂いたイケメン尺八プレイヤー、藤原道山さんおススメの
鹿児島の音泉水99。超軟水で口ざわりがスーパーまろやか。
池袋で購入できるということでチェックしないと。ケッコウ水にはうるさいので。

深夜に到着したこともあり、2日目の朝はゆっくりスタート。
ホテルはヌサドゥア地区のグランドハイアット
今回のテーマは「観光しないでノンビリ」ということで、とりあえず海&プールに出かける。


080729_1156~01

ビーチは朝方は波がケッコウあるが潮がひくとかなりの遠浅。
チビッ子たちでも安心して遊べる。

赤道直下だけに、日差しはハンパでないが、風がほぼ一日吹いていてスンゴく心地いい。
まるでハワイ。夜は涼しい位だ。

依然訪れた際は3月で雨季のケツだったために湿気っぽかったが、バリの印象が
ガラリと変わった。





080729_1208~01




海のあとはかなりのデカさのプールにドボン。探検気分が味わえる。
そしてチビッ子に混じってスライダーでドボン。

ランチも取らず遊んだ、遊んだ。

昼夜兼用の食事はプールサイドのイタリアンレストラン。
お待ちかねのビンタンビールで喉を潤す。

沖縄でorionビールがウマイようにバリではビンタン。





080730_0744~01




3日目の朝はチョイと早起きしてランニング。

バリを走るのは2度目。
前回はクタ海岸を軽くジョグした程度。
朝早くから地元の人々で大賑わいだったのが印象的だった。

ラン初日なのでホテルの周りの地理をアタマに入れながら走った。
ただ景色が一緒なので、ついどこを走ってるか分からなくなり、最後は地図をみながら
ようやくホテルのビーチにたどり着いた。


とにかく海からの風が吹いているので、そんなに汗もかかずに5キロ。



ビンタン飲んで、食べて、走って、泳いで・・・
アタマを使わずに済むのが嬉しい限り。


この日の夜はホテル近くのショッピングモール、
バリコレクションでインドネシア料理を堪能。


飛び込みで入ったレストランのナシゴレンがバツグンだったので翌日も来店。
店員に顔を覚えられた。


ただ、チビたちの残飯整理係なので、胃がドンドン伸びていくのが心配なのでR。


続く。
酷暑の中、チバの流山の極秘カブクワ・ポイントに妹夫婦&チビッ子2名と共にGO。

まずは、バリ土産持参で義弟実家へ立ち寄る。
まだまだ夜には早いので夕暮れを待つことに。



すると軒先に・・・

080803_1547~01
玉虫クンこんにちは!
アリの大群に取り囲まれているのをレスキュー。


人生初の生きてるのを見てコウフン。
幸先いいスタート。






その後、義弟の高校時代の同級生宅へ移動。
軒先が昆虫ケースだらけでスンゴイことになっていて一同驚愕。

080803_1737~01

カブト100匹以上、コクワ、ノコギリなどクワガタ数十匹。
遊びに来る子供たちなどに配っているということ。
捕まえるのが好きだそうだ。(わかる!)
昆虫ゼリーも2日に一度買いに行くそうだ。
そりゃこの数だからね。




080803_1759~01








オオクワの横綱級もおいでになる。

080803_1800~01
その他、キリギリスにコメツキバッタとまさに昆虫王国。
ケースに昆虫ゼリーを入れておくと、朝カブクワが入ってるというから驚。







ボウズだったことを考えて、
昨晩も11時頃ポイントに行き、カブ30匹、クワ15匹ほどゲットしたそうだ。
にわか信じられない話だが、行ってみてその実態に一同コウフンの坩堝!


080803_1848~01
クヌギの樹液ポイントに数十匹のコクワの群れが!!!

ノコもいる!

光を当てると逃げるので、サッサと手際よく採集しなければならない。
何匹もスルリと手からこぼれ落ちるが、それも気にならない位の量。


080803_1855~01
久々に時間を忘れて採集しまくり。



途中通りすがりの車のおじさんにカブを分けてもらう。
先にポイントに入って根こそぎ採っていったようだった。
助手席のケースには数十匹が蠢いていた。
チビッ子がいて罪悪感感じたのだろうか。



080803_1940~01
本日の収穫。




帰って世話するのがタイヘン・・・
と思いながらもこんな場所があったことに驚いた。




流山の昆虫博士、テレマカシー!


ポイントは・・・


残念ながら言えな~い。

2002年以来3度目のインドネシア。

サタデーキックオフというラジオ番組で2度訪問した。

1度目はアナンバス諸島で「リスナーの結婚式を挙げよう!」という企画。
(当時は制作費も潤沢だった。スポンサーがアゴアシマクラ持ち)
シンガポールから飛行機を乗り継いで、最後は船で上陸。2日かかったと思う。
島にひとつしかないという海上ホテルで式をとりおこなった模様を収録した。

月明かりの中、ホテルの桟橋からルアーを投げると、面白いように
ロウニンアジの子供が引っ掛かる。これがケッコウ引いてヤミツキ。

長野のリスナーカップルの式は島を挙げて行われた。
新婚初夜の部屋はギンギラギンに飾られて、ソレどころではなかったと思うが、
一生の思い出になったと思う。

原稿をFAXしたいとお願いすると、海上をボートで移動。
事務所に行って試みるが、途中で停電になって中断したりと
5枚送るのに1時間位かかったと思う。

島をサンポして1周するのには1時間かからなかった。

不便なのが当たり前。
ゆっくり流れる時間と現地の方々とのたどたどしい会話が心地良かった。


その後リスナーの日本で行われた結婚式にもDJケイザブローさんと出席。
両親、親戚一同からすっごく感謝されたのが記憶に残っている。
長野のリスナーさんはアツい。



2度目は2002年3月。
これまたサタデーキックオフで。
スラバヤにあるガラムのタバコ工場見学&現地の方のインタビューで
10日間滞在。

ガラムの社員がオーナーという地元ラジオ局の生放送に乱入。
王様キングス、あゆの曲を無理やりOA。

東南アジアで唯一というアイススケート場に行き、バックスケーティングを披露。
なぜかヒーロー扱いを受けた。

途中、軍の飛行機でバリに移動。
男連中10人、その殆どがプロウィンドサーファーというゴッツイ、メンバー。
ヨク飲んで食べて、仕事して、遊んだ。

街中も歩きまくったのでインドネシアの内情は少なからず理解。
そして何人かのバリニーズとも仲良くなった。

性懲りも無く、デンパサールのラジオ局に乱入。
ここでも王様キングスをOA。

DJがディレクター&ミキサーもこなすワンマンスタイル。
CMをカセットで出していたのには驚いた。

その後なぜか番組の企画で1年間かけてインドネシア語を勉強。
使わないと忘れるわな。今は挨拶と数字と自分の名前程度・・・情けな。


なので2005年のテロの際はココロが痛んだ。
知り合いのコーディネーターもたまたま現地近くにいて
駆け込んできた日本人の手当てをした。
戦場のようだったとその後聞いた。





3度目の今回は夏休みで訪れた。

080727_2326~01

テロ後、セキュリティが厳しくなり、入国に1時間もかかって疲労コンパイ。
深夜12時を過ぎて空港を出るとイガイにも涼しい。

以前行った時は雨季の終わりだったので湿気ムンムン。
空港を出るとメガネが曇ったが今回は大丈夫。

そして観光客目当ての現地の輩も少ない。



080728_0053~02






080728_0006~01

シゴトしろよって感じですが、まあそこはバリ。




サークルKでアクアとビンタンビールを買い込み、バスでヌサドゥア地区に移動。

ヌサドゥアは前回の旅でなぜか途中で合流したラジアンのヤマちゃんとゴルフをした場所。

池に打ち込むのを待って子供が飛び込んで拾う。
それらのロストボールをホールのを途中で女性が売っている。

逞しい。


深夜1時を回って宿泊先のホテルに到着。
一通りレクチャーを受け、敷地が広いため地図をもらう。
コレがないと迷子になるという。ホントだ。慣れるまではマジで迷った。


なんとか部屋に着くと・・・エキストラ・ベッドがベッドメイクされていない???


幸先悪いスタートで更にグッタリ。


ビンタンで喉を潤して就寝。


続く。



080730_2000~02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。