放走MANブログ

ランニングを通じて日々のあれこれ綴る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2~3キロ走ると右ヒザ上部がシクシク痛み出す・・・

それが原因で走ること(レースに出場したり、タイムを縮める)
を半ば諦めていた、そんな時、
ある番組でご一緒したマネージャーUさんとお会いすることになりました。
彼は芸能界から出版業界に転身していました。

会うきっかけは、

「パチスロライターの射駒タケシさんを紹介したい」

ということからでした。
自分も一時期、CSの射駒さんの番組を良く観ていたので即答、
渋谷のカフェでお会いしました。
テレビで観るあのままのキャラで、ホッとしたのを覚えています。
表裏の無い好青年でイケメン、そしてスロプロ、さらに音楽好きということで、
すぐに意気投合。

「是非、何かやりましょう!」

射駒さんとはそれ以来のお付き合いで、
新潟のラジオ番組のパーソナリティを担当して頂いたり、
ラジオのロケにお付き合い頂いたり、
知り合いのマネジメントを紹介したり、
はたまた、新台の攻略法を教えて頂いたり・・・
公私共にお世話になりっぱなし。
(先日も編集の方、後輩ライター:嵐さんとご一緒しました)

さて、そんなUさんからたまたま話の流れで紹介頂いたのが
荻窪のとある整形外科。
有名格闘家Mさんがヒザを怪我した際に、試合に出場できるサポーターを作った
というヒザの名医がいる、ということで、早速行くことにしました。

数時間待ってレントゲンをとり、問診。

「ランナーズニーですね。これからも走りたいですか?」

とあっさり言われて、

「走りたいです」

と答えると、

「インソールを作るのでリハビリに行ってください」

ものの3分で診断終了。
リハビリ室の理学療法士の元へ行き、
インソールの予約、ストレッチ、アイシングの方法を教わる。

カラダの不調は自分で決めつけずに、信頼できる医師の元で
診断してもらうのがイチバンだと、この時しみじみ思い知らされました。



ここからランニング生活が一変することになります。



JFN「梶原しげるのNEXT ONE」
「NRC~ネクイチランニングクラブ~」の活動報告。
谷川真理さん主催のクリニックに参加した模様。


スポンサーサイト
ランニングのことばかりで、
仕事のことを書くのを忘れてました。

当時、担当していたラジオ番組は「ラジアンリミテッド」。
朝、多摩川を走って、昼ごろオフィス。夕方局入り。
リスナーのメッセージチェック、選曲、打ち合わせ、生放送。
といった感じ。

まあ、いまの「名ばかり管理職」に比べたらいい加減でした。

その頃は制作費も潤沢。(今や悲惨な状況)

そのほか、ラジアンでは、モー娘。
ARASHIのコーナー「ARASHI音」などを担当。

特にARASHIはデビューからだったので、いまだに親戚の子みたいな感じで
がんばってる姿を見ると目頭が熱くなります。

そのほか、森口博子さん、広末涼子さん、今井絵理子さん、高見恭子さん、斉木洋子さん
立花裕人さん、紺野まひるさん、杉真理さん、小牧ユカさん、梶原しげるさん・・・
(忘れている方がいたら、すみません!)

多くのタレントさんの番組を担当。

さらにはまさか10年続くとは思わなかった、伝説の「サタデーキックオフ」。
公私ともに様々なことをこの番組から学びました。

こうして今もラジオ業界の片隅でやっていられるのも皆様のお陰です。


この場をお借りしてお礼申し上げます。






その後・・・

30代前半で結婚を機に世田谷区に引越し。
(最初都内に住んだのが三軒茶屋だったので、2度目。渓谷があるトコ)

歩いて10分ほどには多摩川があったんですね。

まあ、結婚すると何かと出てイクもの多くて、スポーツクラブは退会。
それを機に多摩川っぺりを走り始めたんですね、
長嶋茂雄さんも当時ウォーキングしていた辺りを。
(新日のプロレスラーも良く見かけた)

マンションから多摩川まで10分位歩いて、土手を30分ほどRUN。
そして歩いて帰る、といった感じ。
(ニコタマの駅まで行って帰ってくるのが基本コース。
調子いい時には東名高速の高架までがオプション)

いい感じで走れてました。
ランニングの何の知識も無く、
とりあえず走って、帰ってきて筋トレやって・・・

ただ繰り返しているうちに、かかとは痛くなるは、右ヒザの外側は痛くなるは、
おいおい、どうしちまったんだよ~オレのカラダは。
そうなっても、だましだまし走ってました。

後に物の本で知ることになるのですが、走る前にはストレッチ、
走ってからもストレッチ。そして足にあったシューズ。
知らないのというのはホント怖いですね~。

その何年か後、住居を実家に構えることになります。
付近には公園がいくつもあり、そこをランニングの拠点に。

しかし5キロ、時には2、3キロ走ると右ヒザの外側が痛むんですね、
そうなったら歩くことが精一杯。
あ~あ、もう長い距離は走ることができなくなってしまった。

ランニングを半ば諦めていました。
そんな時に・・・

続く


個人的に活動をサポートしている、
【てつ×ねこ】K・S・K~ニコニコPVver~【ニコニコ】






振り返ってみると・・・

そもそも20代後半、そこそこお金もあり、仕事も一人前になり始めた頃、
仕事もしていたが良く遊んでもいた。

ある時、
「このまま何もしないと、どんな30代のカラダになるか」
が不安になったんですね。
あと、当時スノーボードにかなりハマっていたので、下半身を鍛えたかった
という理由もあったわけですね。
(朝一で滑りに行って午後から仕事とか、男だらけの北海道合宿とか・・・
冬は週一ペースで行ってたと思う)

そこで当時住んでいた元麻布のマンションからバイクで5分ほどの
六本木駅の裏手にあるスポーツクラブに入会。(部屋のオーナーに誘われて)
一緒にトレーニングしたりしてるうちに、自分の方がハマりだして、週2位行ってたかな。
場所柄、外国人の方やタレントもいて、中には仕事でご一緒した方もチラホラ。

ただお互い、どっかであったかなぁ?
といった程度だったので、挨拶するわけでもなく・・・
(ああいう時って微妙な空気)

バイク、筋トレ、プール・・・日焼けマシン
元は取っていたと思う。

場所柄、スポーツクラブ行った後、飲みに行くケースが多く、
カラダにいいんだか、悪いんだか・・・

そんなこんなで2年位は辛抱強く通った甲斐もあって、
まあまあの体型を維持していた。
体脂肪率なんかは計ってなかったけど、恐らく10%台後半位だったんだと思う。

この時点では、まだ走ることにはハマってないんですね。。。

続く


フランスでダンスチャート1位。
大ブレイクしている「テクトニック」と呼ばれるダンス。


最近、なぜかアイデアが自然と湧いてくる。

恐らく、ランニングしていることと何らかの関係があるのかも知れない。
(脳科学者の方は是非解明してほしい)

あと、日々さまざまなジャンルのクリエイターの方達とお会いする機会がドッと増えた。

さらにクリエイティブ・ディレクター佐藤尚之氏が書かれた
「明日の広告 〜変化した消費者とコミュニケーションする方法」
を読んで、さまざまなヒントを頂けたこと。
(佐藤さんに思わずメールまでしてしまった。ご丁寧に返信ありがとうございます。)

プラス、気鋭のWebディレクター、渡辺英輝氏の講演もひじょ~に参考になりました。
(これまたメールでお礼してしまった。返信ありがとうございます。
今は簡単にメールでアクセスできるのが嬉しい!
昔はファンレターでしたもん、本当に読んでるかも解らない。
メールするとリターンがちゃんとあるんですから、時代は変わったもの。)

というわけで、点と点が繋がることが多くなった。(単に歳のせいかもしれませんが)
以前は点でしか考えられなかったのに、アレとアレとさらにアレもくっつけたら
面白いんじゃないか・・・と。

人生折り返し地点
「あと5年は違うジャンルをガムシャラに勉強したい!」
という意欲がなぜかある。

これも走ってるおかげかも。

そういえば、会社の前で皇居をRUNした直後と思われる、浅草キッドの玉袋氏を発見。
(前から走っているという話は聞いていましたが)

リュックを背負い、半袖、タンパン、汗だく。
自分とおなじランニングウェアでびっくり。
ランナーの脚でした。思わず後をつけて見入ってしまいました。(変態か)

でもランニングは人には薦められません、本当にキツいです。



渡辺氏のブログで紹介されてましたが、このPerfumeの映像凄すぎ。

放送→放走

自分の主なフィールドはラジオ媒体です。

さまざまなメディアが乱立する昨今、
送り手側の都合で”ユーザーにとって本当に有益な番組であるかどうか”
があやふやになっています。
(そんなことはユーザーが決めること、と言われそうですが)

なんのためのメディアなのか?
に立ち返らないと、取り返しのつかない事態になってくる気がしています。

そこで、放送業界で走り続けるには・・・
という視点で日々思うことを綴っていきたいと思っています。

また、とあるきっかけから
趣味からタイムを縮めることに移行した
「ランニング」についても自分なりの見解を
お伝えして行こうと思ってます。

放送→放走。

規制の中に自由アリ。
日々奔放に走る続けるのみ。

現在のベストは、2008年鴻巣パンジーマラソンのハーフ1時間38分。
今年フルに参戦予定。


2008年4月17日


テーマ:日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。